ランキングに頼らない!!おすすめしたい妊活サプリ5選+α

妊活 サプリ ランキング

 

妊活サプリに限らず、ランキングから商品を選ぶことって良くありますよね?特に自分が詳しく知らない商品に関してはランキングやみんなの評価で選んじゃうと思います。

 

たしかにそれも一つの手ですが、妊活サプリを選ぶときにはいくつか気をつけなきゃいけない点があります。それはどんな成分がメインのサプリを選ぶのか?という点です。

 

妊活サプリのメインはやはり「葉酸」が必須になってくるのですが、葉酸を含むサプリは妊娠初期〜後期向けのものが多いです。そのため、葉酸による神経管閉鎖障害の予防という点では安心かもしれませんが、「妊娠力」という点ではイマイチだったりします。

 

こちらでは葉酸だけでなく、妊娠しやすい体を作ってくれる成分が含まれているおすすめの妊活サプリを紹介していきます。

 

 

35歳以上で妊娠を希望している方におすすめのベジママ

ベジママ

 

妊娠したいんだけど、卵子の質が低下し、妊娠しにくい体になってきた35歳以上の方におすすめなのが「ベジママ」です。ベジママには「ピニトール」という多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に効果がある成分が入っていることで有名ですが、それだけではありません。

 

活性酵素を抑えるルイボスが卵子・精子の質低下を抑えてくれたり、血流改善・抗酸化作用・黄体ホルモンを増やしてくれるビタミンEが配合。

 

もちろん合成葉酸(モノグルタミン酸型)も含まれているので神経管閉鎖障害、染色体異常による流産・ダウン症予防にも一役買ってくれます。

 

妊娠中期〜後期に必要な鉄分・カルシウムが入っていないというデメリットはありますが、妊活向けとしては非常に優秀なサプリメントです。

 

・価格 5,500円⇒初回限定2,750円

 

国産マカ配合のフルミーマカ!冷え性改善・生理周期を整える

フルミーマカ

 

フルミーマカには葉酸・国産マカ・ショウガが配合。

 

マカは男性の精力剤に入っているイメージが強いですが、マカは活力アップや血流を良くする、ホルモンバランスを整える効果がある健康食品の一つ。そのおかげで冷え性や排卵機能を整える効果、疲労回復を期待できるのです。

 

体が冷えていると卵子の排卵や老化に影響があったり、子宮の働きが悪く、上手く着床できなくなるということが考えられます。だから、妊活雑誌などでも体を温めるように書かれているんです。

 

フルミーマカなら葉酸+体を温めるショウガ、海外産マカよりも成分量が豊富な国産マカを使用しているので、より高い効果が期待できそうです。

 

デメリットとして、定期購入で買う必要があることとベジママ同様、妊娠中期〜後期には向いていません。

 

・価格 7,980円⇒定期購入初回2,980円

 

妊活〜妊娠後期まで安心!成分豊富なベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリ

 

ベルタ葉酸サプリは葉酸・鉄分・カルシウムはもちろん、27種類のビタミン&ミネラル、20種類のアミノ酸、6種類の美容成分が配合。ビタミンD・Eやアミノ酸、の中には妊活向けの成分も入っていますが、妊娠初期〜後期向けに近いサプリです。葉酸サプリ商品の中ではトップクラスの売上を誇っているので、人気のある商品がいいという方にはピッタリです。

 

デメリットとして鉄臭くて飲みにくいという点と単品価格が5,980円と高価なのが気になりますね。定期購入だと3,980円とお買い得にはなりますが、6回継続する必要があることを覚えておきましょう。

 

・価格 5,980円⇒定期購入33%オフ 3,980円

 

【+α】ベルタ葉酸が高いと感じる方にはララリパブリック

ララリパブリック

 

ベルタ葉酸サプリはちょっと高いなという方にはララリパブリックがオススメです。

 

葉酸・鉄分・カルシウム、10種類のビタミン&ミネラル、5種類の美容成分とベルタ葉酸サプリよりちょっと劣りますが、その分価格も安くなります。3,980円、いつでも解約できる定期購入で2,980円で買うことができます。

 

5種類の美容成分の中に含まれるオリゴ糖が腸内環境を整えるし、ザクロには疲労回復・活性酵素を抑え卵子の老化を防ぐ効果もあるので、ベルタ葉酸サプリ同様、長期で使える葉酸サプリと言えます。

 

・価格 3,980円⇒定期購入ならずっと2,980円

 

神経管閉鎖障害だけが心配という20代前半の方向け

AFC葉酸サプリ

 

「神経管閉鎖障害」の予防ができるもので、あまり高くないものがいいという方におすすめなのはAFC葉酸サプリです。葉酸・鉄分・カルシウム・8種類のビタミンが配合されたシンプルな作り。

 

20代前半の方の場合、まだ妊娠しにくくなっているということは珍しいので必要なのは「神経管閉鎖障害」を予防する葉酸が入っていることです。妊活サプリは妊娠しやすい体になるための成分などが入っているので、高価な商品が多いですが、葉酸サプリであれば2000円前後が妥当です。

 

安すぎる葉酸サプリを選ぶと葉酸の吸収率を高めてくれるビタミンB12やつわりに効果のあるビタミンB6、赤ちゃんに栄養を送る鉄分、赤ちゃんの体を作るカルシウムが入っていない場合があるので注意しましょう。

 

・価格 1,800円⇒まとめ買いだとお得な3つで4,800円

 

【+α】低価格のものならピジョン葉酸カルシウムプラスもおすすめ

ピジョン葉酸カルシウムプラス

 

ピジョン葉酸カルシウムプラスもAFC葉酸サプリとほぼ変わらない価格、ドラッグストアとかで気軽に買うことができるのでオススメです。AFC葉酸サプリよりもカルシウム量とビタミンの種類が少ないですが、悪くはありませんね。

 

・1,480円

 

男性向け!精子の質と量を上げるオーガニックレーベル葉酸

オーガニックレーベル葉酸

 

ーガニックレーベル葉酸には妊活男性が摂取しておきたい亜鉛・コエンザイムQ10、葉酸、マカ、ビタミン&ミネラル、高麗人参などが配合。

 

亜鉛には精子の量や運動量をアップさせる効果があるので妊活男性ならぜひ摂っておきたい成分。コエンザイムQ10も抗酸化作用があるので精子の質低下を抑えてくれます。

 

最近の調査では不妊の原因の半分が男性の精子にあると言われています。卵子同様、男性の精子も老化していくので、夫婦で妊活を頑張っている旦那さんはぜひ妊活サプリの利用を検討してみてください。

 

オーガニックレーベル葉酸には非常に残念なデメリットがあります。それは天然葉酸(ポリグルタミン酸型)を利用していることです。こちらには葉酸200μg配合されていますが、天然葉酸を摂取しても合成葉酸の半分以下しか体内に吸収できないため、摂取できるのは100μg程度まで落ちるでしょう。

 

ただ、その他の成分に関しては男性向けの妊活サプリの中ではトップクラスと言えます。

 

・価格 4,400円⇒定期購入なら初回無料(送料500円)

 

【+α】話題のミトコンドリアを元気にする妊活サプリ「プレグルCB-1」

プレグルCB-1

 

雑誌などで紹介されることが多くなった卵子の質を改善してくれる「ミトコンドリア」。そのミトコンドリアを元気にしてくれるのが「プレグルCB-1」です。

 

優れた抗酸化力のあるヴィネアトロール、活生酸素を除去する還元型コエンザイムQ10、血液をさらさらにするトマトリコピンの3つからなる「ミネラルCB-1]がミトコンドリアを活性化させてくれるんです。

 

卵子の質は回復しないと言われていますが、ミトコンドリアが元気になることで卵子の質が回復できたら嬉しいですよね。

 

こちらの商品はかなり高価で20,000円もするので、参考程度に覚えておいてください。

 

・価格 20,000円⇒定期購入20%オフ 16,000円

 

選んじゃいけない!おすすめできない妊活サプリ

妊活サプリ おすすめできない

 

妊活サプリを選ぶときに選んじゃいけないようなものがあります。商品名を直接言うのはあまりよろしくないと思ったので、簡単にまとめると

 

・市販で売られている安い葉酸サプリ
・成分が葉酸のみor葉酸+2〜3種類のビタミンしか入っていない
・添加物の名前が多い
・着色料、保存料、光沢剤、酸化防止剤などは特に避けたい

 

こういった商品は避けたほうがいいですね。

 

成分の種類や配合量が少ない安い葉酸サプリは1日に必要な葉酸400μgは摂取できるけどその他の99%が添加物で作られているような商品もあります。赤ちゃんのために飲むサプリメントですし、出来る限り選ばないほうが賢明です。

 

妊娠したい方は妊活を軽く見ないこと

妊活

 

妊活を始めたばかりの人にとっては避妊しなければ赤ちゃんがすぐにできると思っている方もいるかもしれませんが、妊娠率は年を取るごとに卵子の老化とともに低下していきます。「赤ちゃんが欲しい人のための本」によると35〜39歳が14.5%、40歳以上で5%まで妊娠確率は低下していくそうです。

 

産院でタイミング法などを行いながら妊活向けサプリで赤ちゃんができやすい体を作ることが妊娠するための近道です。妊活を頑張っている方、これから妊活を始めようと思っている方は妊活サプリを利用して、早く赤ちゃんができるよう応援しています。

 

おすすめの妊活サプリをもう一度見る