葉酸サプリは妊活中のベビ待ちママも摂取したほうがいい3つのメリット!

葉酸サプリってベビ待ちママも飲んでいいの?

葉酸サプリは妊娠中だけでなく、できればベビ待ちの妊活期間中から飲み始めるのがベスト。

 

成人女性でも、1日の葉酸摂取目安量があるため、本来ならば
妊活中、妊娠中以外にも、普段から摂取しておいてもいいですね。

 

妊活中から葉酸サプリを飲んでいると、様々なメリットがあるんです。

 

妊活中に摂取することによるメリットを3つご紹介するので、
ベビ待ちママは特に、よくチェックしておいてくださいね。

 

葉酸サプリを摂取することによる3つのメリット

@子宮内膜の強化
子宮内膜を強くすると、子宮内の環境がよくなるため
妊娠がしやすくなります。

 

また、子宮内膜を強化すると、女性の体の負担も軽減されるため
日頃から摂取しておくのがオススメ。

 

A血流強化で着床力を上げる
血流がよくなると、酸素が体全体に周り、子宮内膜にも行き届きます。
酸素だけでなく、栄養を届ける働きもあるため
着床しやすくなります。

 

B先天性奇形のリスクの軽減
妊娠初期は、赤ちゃんが細胞分裂を繰り返して赤ちゃんの体となる大切な時期です。

 

この時期に、赤ちゃんに必要な栄養素である葉酸が不足すると
先天性奇形のリスクが高くなってしまいます。

 

葉酸を摂取すると、リスクが軽減されるため、妊娠初期にはとくに葉酸が必要となります。

 

葉酸サプリは妊活中から飲むのが最も効果的

 

葉酸の栄養素は、妊娠初期の赤ちゃんの体作りの際に最も必要になってきます。
しかし、妊娠するための準備をするのも大切ですよね。

 

葉酸サプリが妊娠初期だけでなく、妊活中からの摂取を推奨しているのは、
赤ちゃんを迎えるためにも必要な栄養素だからです。

 

葉酸は、早いうちから飲むということがポイント。

 

妊活中から積極的に摂取するようにしましょう。
妊活中のベビ待ちママの中には、なかなか妊娠できず悩んでいるママも少なくありません。

 

そのような悩みにも、葉酸サプリを摂ることで、
赤ちゃんをスムーズに迎えることができ、尚且つ妊娠時のリスクも軽減することができますよ。

関連ページ

基礎体温が低いままで不安!!もしかしたら黄体機能不全かも?
基礎体温がずっと低い…。という悩みを抱えていませんか?基礎体温が低いのは「黄体機能不全」という症状の可能性もあります。自分の体がどんな状態なのかチェックしてみましょう。