合成葉酸の方が天然葉酸よりも吸収率がいいって本当?

 

合成葉酸と天然葉酸と聞くと天然葉酸の方が優れているようなイメージがありますよね。

 

でも、実際は合成葉酸の方が吸収率がよく、厚生労働省も合成葉酸の摂取を妊婦さんに推奨しているんですよ。

 

合成葉酸と天然葉酸の違いについて紹介していきたいと思います。

 

吸収率は合成葉酸の方が上!

厚生労働省が推奨しているのがなぜ合成葉酸なのかといえば、合成葉酸の方が体内に葉酸を効率よく摂取できるからです。葉酸を確実に摂取するためには合成葉酸の方が良いということですね。

 

天然の素材から抽出される天然葉酸は、体に吸収されるまでにたくさんの段階が必要なので、吸収率は50%位になってしまいます。

 

合成葉酸はそのままの形で体内に吸収されるので、体内での吸収率が85%と言われています。これだけ吸収率に差があると、合成葉酸の方が推奨されるのにも納得ですよね。

 

他にもある合成葉酸のメリット!

吸収率の良さだけでなく、他にも合成葉酸の方が天然葉酸よりも優れていることはたくさんあります。

 

例えば、サプリの飲み易さです。天然葉酸はどうしても天然の素材を使っているため、サプリが飲みにくくなってしまいます。味やニオイが気になるというだけでなく、サプリの形状も大きくて飲みにくさを感じる人も多いようですね。

 

合成葉酸は無味無臭でサプリの形状も飲みやすくすることが可能なので、飲みにくいと感じる人は少ないです。

 

サプリは毎日継続して使用するものですから、飲み易いかどうかって意外と重要なポイントなんですよ。

 

また、天然葉酸と合成葉酸にはコストの違いもあります。

 

天然葉酸は、天然の素材から葉酸を抽出するためコストが高く、サプリが高額になってしまいます。

 

合成葉酸は季節や材料の供給に関係なくいつでも安定して作ることができますし、コストが天然葉酸に比べてとても低く抑えられます。葉酸の量が同じでもコストが少なくて済むので、続けやすいですよね。

 

厚生労働省推奨の合成葉酸がおすすめ!

 

天然葉酸は天然の素材から抽出されているということで、安心感が高いという大きなメリットがあります。

 

でも、天然葉酸を使っていてもサプリを固めるために添加物を使っている商品もありますし、合成葉酸だから安全性が低いという事はありません。

 

天然葉酸と合成葉酸は、名前のイメージから天然葉酸の方が良さそうな感じがしますが、合成葉酸は天然葉酸よりも吸収率が良く、飲み易さ、コスト面でも魅力がいっぱいです。

 

名前のイメージに惑わされず、より効果のあるサプリを選べるといいですよね。