黄体ホルモンを増やす食べ物は?

 

妊活に欠かせない黄体ホルモン。黄体ホルモンを増やす食べ物があるのを知っていますか?毎日の食事で黄体ホルモンを増やすことができたら嬉しいですよね。

 

黄体ホルモンを増やすことで基礎体温を上げたい!と考えている人必見の黄体ホルモンを増やす食べ物を紹介します。

 

黄体ホルモンを増やすにはビタミンEがおすすめ!

 

黄体ホルモンを増やすためにはビタミンEが効果的。

 

ビタミンEは黄体ホルモンの材料になっているので子宝ホルモンと呼ばれるほどなんです。ビタミンEには老化防止効果があるので、卵子の老化も防いでくれます。

 

その他にも血流を改善して妊娠しやすい体を作ってくれたり、生殖機能を高める効果もあります。

 

ビタミンEには女性ホルモンの分泌を行う脳下垂体にアプローチしてくれる働きがあるから様々な妊活に嬉しい効果を発揮してくれるんですよね。もちろん黄体ホルモンを増やして、基礎体温を上げる効果も期待できます。

 

妊娠しやすい体作りだけでなく流産を防止してくれたり、ビタミンEと排卵誘発剤を併用することで妊娠率をアップさせることもできます。

 

妊活にぴったりな効果がビタミンEにはたくさん含まれているので不妊治療にも使用されています。

 

ビタミンEは薬ではないので副作用の心配もありません。妊活を頑張っている人は毎日の食事で積極的に摂りましょう。

 

ビタミンEが豊富な食べ物を紹介!

 

ビタミンEを豊富に含んでいる食品は

 

・魚や魚卵・・・あんこうのきも、あゆ、はまち、いくら
・ナッツ・・・アーモンド、落花生
・野菜・・・モロヘイヤ、大根、カボチャ、ホウレンソウ
・果物・・・アボカド、柚子、マンゴー
・その他・・・納豆、卵

 

などです。比較的普段の食事に取り入れやすそうですよね。

 

ビタミンEを多く含む食品を知っていれば、意識的に毎日の食事に摂りいれることができますよね。ビタミンEをたくさん摂って、黄体ホルモンを増やす食事を心がけましょう。

 

さらに、ビタミンEにはビタミンCの抗酸化作用を高めるという働きもあるので、ビタミンCを一緒に摂るのもおすすめです。

 

ビタミンCは、いちごやキウイ、オレンジ、キャベツ、ホウレンソウ、カリフラワーなどの野菜や果物に多く含まれているので参考にしてくださいね。

 

黄体ホルモンを増やす食生活を!

妊活に欠かせないと言われている黄体ホルモン。不足してしまうと女性ホルモンのバランスが取れなくなって、不妊症の原因にもなってしまうと言われています。

 

黄体ホルモンを増やすためにはビタミンEを意識して摂りいれる食生活が大切です。積極的に摂れるといいですね。