妊活に大切な女性ホルモンってなに?

 

妊活を始めると必ず「ホルモンバランス」の話が出てきますよね?

 

女性ホルモンのバランスが大切だといわれていも、「どんな働きをしているのか、どのくらい妊娠に関わっているのかピンとこない」という人は多いと思います。

 

そもそも女性ホルモンとはどんなものなの?と思っている方はこれを読んで、女性ホルモンについて詳しくなってください。

 

2種類の女性ホルモン

女性ホルモンは「エストロゲン」「プロゲステロン」の2種類があります。
月経周期によって分泌量が変化して、体や心のリズムを整えます。

 

生理周期によって体や心の状態が変化するのは、女性ホルモンの変化が関係しているのです。ホルモンバランスが乱れると、生理不順やひどい生理痛などのトラブルを起こしやすくなり、妊娠力も低下してしまいます。

 

生理周期の中で分泌量が変化する2種類の女性ホルモンはそれぞれどのような働きをしているのでしょうか。

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンには女性らしい体を作る働きがあります。排卵前に分泌量が多くなり、体の健康を保ってくれます。エストロゲンの分泌が多いときは、体の好調を感じることが多いでしょう。

 

女性らしさを保つホルモンなので、お肌の潤いを保ってくれたり、髪をつやつやにしてくれるような嬉しい働きもあります。

 

その他、代謝を良くしたり、骨を強くしたり、健康的な体へと導いてくれるだけでなく、精神面でも良い状態を保ってくれるホルモンです。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲステロンは主に妊娠に関わるホルモンです。
妊娠に備えて月経前に分泌量が増えます。

 

体内に栄養や水分を蓄える働きや、イライラや憂鬱を引き起こす作用があります。生理前に体の不調や憂鬱感を感じる人が多いのは、プロゲステロンの作用によるものでしょう。

 

食欲を促すので、暴飲暴食気味になったり、ちゃんと寝てもすっきりせず、眠気が続いたり体調を崩す原因になるような作用が多いので、プロゲステロンの分泌が多い時期は平穏に過ごせないことも多いですよね。

 

これだけ聞くと、あまりよくないホルモンのように感じられますが、体を妊娠できる状態へと導いてくれる重要な役割を担っているホルモンです。子宮内膜や子宮筋の働きを整えたり、乳腺を発育させるのもプロゲステロンの働きです。

 

基礎体温を測って、自分のホルモンバランスの状態を知りましょう

エストロゲンとプロゲステロンはどちらも女性にとって必要不可欠なホルモンです。
大事なのは2種類のホルモンのバランスが取れていることです。

 

女性の体や心は、ホルモンバランスによって、日々変化するものです。自分のホルモンバランスのリズムを知り、正常に保つことで心と体は健康な状態でいられます。そして、妊娠力アップにつながるのです。

 

ホルモンバランスは基礎体温を測ることで予想することができます。ホルモンバランスの乱れを防ぐためにも、まずは基礎体温を測って自分の体のリズムを知りましょう。

 

すでに乱れている場合は、規則正しい生活を心がけることで改善させられるはずですよ。