30代の妊活で気になる卵子の老化を予防する方法

 

卵子は年齢とともに老化していきます。30代になると20代の頃よりも卵子の老化が進み、妊活の妨げとなったり染色体異常の原因になったりします。そんな30代の妊活で気になる卵子の老化を予防する方法を紹介します。

 

卵子の老化を予防するにはミトコンドリアが大事

卵子の老化を予防するためには、ミトコンドリアについて知っておく必要があります。ミトコンドリアとは、生物の細胞の一部でエネルギーを作り出す働きを持っています。

 

卵子にも10〜20万のミトコンドリアが含まれています。卵子の成熟や受精、分割、着床などに関わる成分であるミトコンドリアの働きは、妊娠するためには必要不可欠です。

 

ミトコンドリアの働きが弱くなると、卵子の質は低下して妊娠しにくくなってしまいます。ということは、ミトコンドリアの数を増やし、働きを活発にすれば卵子の老化を防ぐことに繋がるということです。

 

ミトコンドリアが減ったり、元気がなくなる原因は活性酵素。

 

活性酵素を減らすことがミトコンドリアを元気にするカギになるわけです。

 

ミトコンドリアを元気にする方法

活性酸素を減らして、ミトコンドリアを元気にするためには「少しきつめの運動」や「カリウムを含む食べ物を食べる」ことが効果的です。

 

【少しきつめの運動】
ミトコンドリアは、少しきつめの運動をすることで元気になります。

 

早歩き→クールダウン→早歩きを1セットとしたインターバル速歩は、活性酸素を減らしながらミトコンドリアを活性化させるのでおすすめです。毎日続けることでミトコンドリアは元気になるはずですよ。

 

【カリウムを含む食べ物を食べる】
カリウムにはミトコンドリアを元気にする働きがあります。アンチエイジング効果もあるので積極的に摂取しましょう。

 

カリウムは、ホウレン草やパセリ、ブロッコリーなどの野菜類、バナナなどの果物類、納豆や大豆などの豆類に多く含まれています。毎日の食事に取り入れてみてくださいね。

 

「プレグルCB-1」で手軽に元気にすることも

 

ミトコンドリアを活性化させるためのサプリ「プレグルCB-1」を利用するのもおすすめです。日本で初めてミトコンドリアの活性化に着目されて作られたサプリメント。

 

プレグルCB-1はミトコンドリアの働きが加齢によって衰えてしまうことを、可能な限り抑制できるように研究を重ねて作られました。ミトコンドリアの量を増加させて質を向上させてくれるので、卵子や精子を元気にしてくれます。

 

ミトコンドリア活性化成分だけでなく30代〜40代に必要な妊活成分がたっぷり配合されているので、高い妊活効果が期待できます。サプリを利用すれば、手軽にミトコンドリアを活性化させることができます。運動や食事にプラスしてみるのも良いかもしれませんね。